2015年のエキシビジョン

モノが溢れる現在、製品をただ陳列するだけでは、私たちの考えをお客様に伝えきれないことがあります。
そこでMETROCSでは、一つのテーマに焦点をあてたエキシビションを定期的に開催しています。
製品の歴史やディテールを詳しく説明し、普段目にする事のない参考商品なども展示致します。
開催期間中、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

bamboo works

近藤昭作氏、大橋重臣氏を中心とする別府の若手竹職人グループ「BAICA」にスポットを当てた伝統工芸とモダニズムの融合をテーマとしたエキシビジョンです。モダニズムの巨匠らが魅せられた、「世代と国境を越える竹工芸の可能性」をご覧ください。

メトロクス東京
2015年10月24日(土)- 11月3日(祝)

エキシビジョンの詳細ページはこちら

店内の様子 レセプション・パーティー
[メトロクス東京:10月29日]
ワークショップ
[メトロクス東京:10月31日・11月1日]

コレクションマーケット

メトロクス東京は、2015年5月11日(月)にリニューアルオープンします。
リニューアル後の5月16日(土)から5月30日(土)には、デザイン書の一部とオールド切子を集積した「コレクションマーケット」を開催します。

1928年にジオ・ポンティが創刊した建築雑誌domus(ドムス)やデンマークのインテリア雑誌mobilia(モビリア)の1950年代からのバックナンバーのほか、展覧会カタログなどのレアな書籍の数々。
昭和30~40年代の切子ガラスコレクション「オールド切子」には、新たに収集したアイテムも加わります。ご購入いただけるアイテムはどれもお値打ち価格にてご紹介いたします。

新しくなったメトロクス東京と、蚤の市のような感覚のイベント コレクションマーケットをぜひご覧ください。

メトロクス東京
2015年5月16日(土)- 5月30日(土)

■domus(ドムス)
1928年に建築家 ジオ・ポンティにより創刊され21世紀の現在まで刊行が続けられている。建築およびデザインの分野で、世界的に著名な雑誌であり、同分野に対して大きな影響を与え続けている。

■オールド切子
江戸期の優れた硝子工芸品として、日本に現存する貴重な伝統工芸の制作技法である江戸切子。メトロクスが所有する昭和初期から40年代の切子コレクション。

n-crafts@metrocs の立ち上げ時から取り扱っている 練り上げ作家 ハラダマホの個性的でユニークな図柄・モチーフが、いかにして生み出されるのかを紐解いていきます。 彼女の独特な世界感はラジオ放送や田園風景など、日常にあるものから生み出されます。

会期中は、作風に影響を与えた私物や製作に使う道具を展示し、作品に対する思いを感じて頂くことで、通常では見えない「作品の魅力」を浮かび上がらせます。

メトロクス東京
2015年1月17日(土)- 1月31日(土)

エキシビジョンの詳細ページはこちら

トークイベント│ハラダマホさんをお迎えして
[メトロクス東京:1月24日]