max bill 110th anniversary
マックス・ビル 生誕110周年

2018年12月22日、バウハウス最後の巨匠 マックス・ビルは生誕110周年を迎えました。
これを記念して「max bill 110th anniversary」と題したアニバーサリーイベントを2019年1月よりスタートします。新商品や記念プロダクトの発表など、1年を通してマックス・ビルのデザインやその魅力をお届けする様々なイベントを発信していきます。

Max Bill 1908 - 1994

スイス、ヴィンタートウール生まれ。1924年から3年間、チューリッヒで彫金の修業をし、その後、バウハウスでカンディンスキーやクレーのもとで学ぶ。画家、彫刻家、グラフィックアーティスト、建築家、そして工業デザイナーとして活動し、後にバウハウスの精神を継ぐべく、1950年のウルム造形大学設立に尽力、初代学長も務めた。あらゆる分野において「法則性」と「論理」で研究する創作過程を一貫し、その理論は今なお、デザイン・美術界に広く影響を与えている。 2018年12月22日に生誕110周年を迎える。

マックス・ビル
過去の代表的なプロダクト

Kitchen Clock/1951(Junghans)

Three Leg Chair/1949 (Wohnbedarf)

Sun Lamp/1951 (Novelectric)

Typewriter/1944 (Patria)

max bill 110th anniversary
プレゼントキャンペーン

マックス・ビルデザインのプロダクトをお買い上げの方に、生誕110周年記念「オリジナルコルクコースター」をプレゼント。さらに、3万円(税抜)以上お買い上げの方には「オリジナルトートバッグ」を差し上げます。

マックス・ビルが1935~1938年に手掛けたコンクリートアート作品「1つのテーマによる15のバリエーション」のテーマ(原図)をプリントしました。

対象店舗
「max bill 110th anniversary」開催店舗

キャンペーン実施期間
2019年1月24日~数量終了まで

スクエアラウンドテーブル

Max Bill(1949)/ Wohnbedarf
650,000円(税抜)

四角いテーブルトップをラウンド型へと拡張できるギミックが仕込まれたダイニングテーブル。マックス・ビルのグラフィックデザインのコンセプトが落とし込まれた、アイコニックなプロダクトです。

詳細はこちら

クロスフレームチェア

Max Bill(1952)/ Wohnbedarf
ナチュラル 130,000円、ブラック 135,000円(税抜)

円錐形の脚とプライウッドの座面のコントラストが印象的なダイニングチェア。1950年代のマックス・ビルの立体作品を連想させる彫刻的な表現が特徴で、数々のデザイン賞を受賞したチェアです。

詳細はこちら


2019.2 発売

アートフレーム コレクターズエディション

Max Bill(1935-38)/ METROCS
18,000円(予価)

1つの原図を基に「連続」「展開」「発展」のキーワードから生み出されたグラフィックアートのポスター「バリエーションシリーズ」を特別なフレームに額装。生誕110周年を記念してアートフレームとして発売します。


vol.2 / 2019年初夏 発表予定


vol.3 / 2019年秋 発表予定